大阪の通信制高校の進学をして国立大学に進学

今、京都の国立大学の理工学部で建築を学べるまでになりました

大阪にある通信制高校に進学をして国立大学に行きました働きながら高校に行けるとわかり通信制高校に入学を決めた今、京都の国立大学の理工学部で建築を学べるまでになりました

お金がないので良い服を買う余裕がなかったので、スーツは僕にとっては制服の代わりになりました。
身長が160センチメートルしかなく、かなり大きい服でしたが、これを着ていると学生の自分を誇らしく思ったものです。
2年間通学をして留年もすることなく3年生になったとき、僕の担任の先生から声を掛けてもらう機会がありました。
真面目にレポートを出して出席もしたおかげで、学年で1番の成績をおさめていたのが理由です。
そのとき、担任の先生から国立大学に進学をしないかと提案されました。
通っていた学校は文部科学省の認可が下りている学校で、大阪ではそこだけしかありませんでした。
本当の高校として求められてるので、国立大学の学生を推薦をする仕組もあったわけです。
その推薦の対象者に選ばれたので、胸が高鳴るのがわかりました。
落ちこぼれで不登校児だった僕が国立大に行けるなんて、夢を見ている気分だったものです。
しかし、学費を払えるのかがわからず、すぐには返答もでいませんでした。
国立でも毎年100万円ものお金が掛かるので、親がいない自分では大学なんて無理だと思い、担任に行かないと言いました。
するとその担任は奨学金も使えることを教えてくれて、学費が免除になるとわかったわけです。
通信制高校でも普通の高校と同じで、生活費に余裕がない学生に向けた奨学金制度の利用ができます。
おかげで僕は今、京都の国立大学の理工学部で建築を学べるまでになりました。
大阪から京都へと移住をして、今はスクールライフを満喫しています。
通信制高校に行ったからこそ、素晴らしい生活と学歴を手に入れる人間になったと思います。
もし中学を卒業してそのまま働いていたら、今の生活を手にしていなかったでしょう。
これから建築家を目指して勉強に打ち込んでおり、必ず世界に通用する人材になるつもりです。

大阪市立の高校を大阪府に無償譲渡して、潰して売っ払って、こういうのをガンガン許可するんでしょうかね。


エンタメ技能を習得へ よしもとアカデミー今春開校https://t.co/6b4mFA227U
”中学卒業でお笑いを学びながら通信制高校卒業の資格が得られる「吉本興業高等学院」(3年制)も開校”

— 一阪人2🌻大阪はこんな時でも制度改革で医療崩壊💀大阪都構想⇒広域一元化(府市一体化)👎 (@ourosaka2) January 12, 2021

大阪通信制高校 / 通信制高校があるじゃん!